「大森ワインの歴史つなげたい」 地元の姉妹、50代で就農

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ワイン用ブドウの栽培を始める齊藤さん(左)、山田さん姉妹
ワイン用ブドウの栽培を始める齊藤さん(左)、山田さん姉妹

 秋田県横手市の大森ワイン用ぶどう生産組合は今年、農家2戸が撤退し、出荷する農家が4戸に減った。その中で地元の齊藤久美子さん(54)と山田聖奈子(みなこ)さん(51)の姉妹が来年から本格参入する。

おいしいワインになって帰ってきて 大森産ブドウ、山梨へ

 姉妹は今年から就農し、トルコギキョウの栽培を手掛けている。齊藤さんは団体職員を退職して就農、山田さんは千葉県四街道市から次女、三女と移住して農業に取り組む。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 404 文字 / 残り 200 文字)

秋田の最新ニュース