築30年以上の大潟村営住宅、戸建てから集合型に建て替えへ

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大潟村議会は8日、9月定例会を開会した。提出案件は21年度一般会計補正予算案、20年度一般・特別会計決算認定案など7件。このうち人事案2件に同意した。会期は17日まで。

 高橋浩人村長は村政報告で、建設から30年以上たった北1丁目の村営住宅を建て替え、戸建てから集合型とする方針を説明。「入居者に引き続き安全、安心で快適に暮らしていただき、村外からの移住定住ニーズにも応えたい」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 340 文字 / 残り 143 文字)

秋田の最新ニュース