「秋田生まれが誇り、地方活性化に力」 菅首相、思い語る

会員向け記事
お気に入りに登録

 菅義偉首相は9日の記者会見で、「秋田県で生まれ育ったことを誇りに思い、政治の世界に入った。そうした中で地方創生、地方の活性化に力を入れた」と述べた。秋田魁新報が地方政策について質問したのに対し答えた。

 首相は「地方が元気にならなければ、日本全体は元気にならない」と強調。地方活性化の「切り札」に位置付けてきた農産品の輸出拡大について、「昨年はコロナ禍でも史上最高の9千億円を超えた。今年になっても増えている」と成果をアピールした。

記者会見する菅首相=9日夜、首相官邸

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 433 文字 / 残り 217 文字)

秋田の最新ニュース