「角館のお祭り」雰囲気わずかに 3日間の日程終了

有料会員向け記事
お気に入りに登録

角館中心部を巡行した薬師堂のみこし=9日撮影


 秋田県仙北市の伝統行事「角館祭りのやま行事(角館のお祭り)」は9日、最終日を迎え3日間にわたる日程を終えた。新型コロナウイルスの影響で、曳山(ひきやま)の運行などほとんどの行事が2年連続で中止となったが、角館神明社の例祭と成就院薬師堂の法楽は行われた。曳山や人形を制作して展示する丁内もあり、角館中心部は、少しだけ祭りの雰囲気に包まれた。

 角館のお祭りは毎年9月7~9日、角館神明社の例祭と成就院薬師堂の法楽に合わせて開催される。7日は角館神明社の例祭がスタートし、当日祭が行われた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 798 文字 / 残り 555 文字)

秋田の最新ニュース