秋田港の洋上風車工事、14日再開 クラスター踏まえ「対策徹底」

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の特別目的会社「秋田洋上風力発電」は10日、秋田港での洋上風車の設置工事を14日から再開すると明らかにした。作業船内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したため、先月下旬から工事を停止していた。

 作業船では約30人の感染が確認され、市はクラスターと認定していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 363 文字 / 残り 220 文字)

秋田の最新ニュース