ブラウブリッツ、水戸に完勝 開始早々に先制、主導権握る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【水戸―秋田】前半、ヘディングでボールをはね返す秋田の増田(左)=ケーズデンキスタジアム水戸
【水戸―秋田】前半、ヘディングでボールをはね返す秋田の増田(左)=ケーズデンキスタジアム水戸

 サッカー明治安田J2(22チーム)は11日、各地で第29節第1日の9試合を行った。ブラウブリッツ秋田は水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で水戸に3―0で完勝した。今季2度目の連勝。通算9勝10分け10敗、勝ち点37として暫定11位に浮上した。次は19日午後3時から秋田市のソユースタジアムで暫定17位の北九州と対戦する。

秋田 3―0 水戸
  (2―0)
  (1―0)

 開始早々に先制して主導権を握った秋田が、攻守で水戸を圧倒し完勝した。

 前半2分、FW武を起点に左サイドから短くパスをつなぎゴール前でFW吉田が押し込んで先制。その後は水戸にボールを保持されたが粘り強く守った。36分には右サイドを駆け上がったDF藤山からのクロスを武が頭で押し込み2―0とした。

 後半も水戸にボールを持たれる展開となったが、19分にPKをFW中村が決めてリードを3点に広げた。その後はほぼ危なげなく守り抜き、2試合連続で無得点に抑えた。

 水戸は開始早々の失点でリズムが乱れ、最近好調だった攻撃陣も不発に終わった。

秋田の最新ニュース