農業研修施設を開放、市民らネギ皮むき体験 秋田市仁井田

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市仁井田の市園芸振興センターを市民に開放するイベントが11日開かれた。家族連れなど約260人が訪れ、センターの研修生らが作った農作物を買い求めたほか、専用の機械を使ったドライりんご作りの見学やネギの皮むき体験を楽しんだ。

販売コーナーでは、研修生らがセンター内のハウスで栽培した野菜を販売した


 販売スペースは屋外に設け、センターの研修生や地元農家が栽培したメロンやテッポウユリ、チンゲンサイなどを売り出した。

 ホウレンソウやアスパラガスを販売していた研修生の工藤慶祐さん(35)は「試行錯誤しながら育てた野菜が目の前で売れていくのはうれしい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 814 文字 / 残り 571 文字)

秋田の最新ニュース