食べられないけどお土産にぴったり! バター餅キーホルダー

会員向け記事
お気に入りに登録


 秋田県北秋田市の米内沢中央印刷が、市の特産品であるバター餅そっくりのキーホルダーを作り、販売している。

 餅は三角形と長方形の2種あり、いずれも1辺が約2センチ。同社のデザイン担当、三浦優紀さんは「バター餅の粉の感じを再現するのにこだわった。形もあえて整え過ぎないようにした」と話す。

 各550円(税込み)。市内の四季美館と秋田内陸線鷹巣駅近くの観光案内所で販売している。

秋田の最新ニュース