時代を語る・中村和雄(34)「郷土愛はないのか」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
bjリーグ2連覇を果たし、ファンの祝福を受ける
bjリーグ2連覇を果たし、ファンの祝福を受ける

 東日本大震災が起きる前のことだった。蒔苗昭三郎さんから夜昼関係なく電話が入ってくるようになったのは。「おまえには郷土愛っていうのはないのか」って受話器の向こうで半ば怒鳴っているんだ。

 「秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)」が平成22(2010)年、bjリーグに参戦。負けが込んだまま、シーズンも後半に入った頃だ。蒔苗さんはNHの設立に関わり、スポンサーにもなっていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 736 文字 / 残り 551 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース