心のよりどころに…仁王像建立 能代市二ツ井町の梅林寺

有料会員向け記事
お気に入りに登録


 秋田県能代市二ツ井町の梅林寺の山門に、阿吽(あうん)一対の仁王像が建立された。高さ約2・5メートルで、迫力ある表情や筋肉の質感などが丁寧に表現されており、訪れた人の目を引いている。

 山門の正面左側に口を閉じた吽形(うんぎょう)像、右側に口を開いた阿形(あぎょう)像を設置。2018年に山門を建て替えたのに合わせ、仁王像も新調した。

 仁王像は文化財の修繕などを手掛ける「山梨仏具」(静岡県)が製作。約2年をかけ、国産のクスノキを材料に寄木造りで仕上げた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 428 文字 / 残り 201 文字)

秋田の最新ニュース