洋上風力、男鹿・潟上・秋田市沖が有望区域に 八峰・能代沖は促進区域

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 経済産業、国土交通の両省は13日、洋上風力発電施設を優先的に整備する「促進区域」の前段階となる「有望区域」に、本県の「男鹿市、潟上市および秋田市沖」を選定した。近く地元自治体や利害関係者らと意見を交わす法定協議会を設立する考え。本県沖からの有望区域への選定は5カ所目。既に有望区域となっていた「八峰町・能代市沖」は促進区域に指定した。

 有望区域の選定は、国が1~3月に各都道府県から収集した海域の情報を基に、有識者による第三者委員会の意見を踏まえて決定した。具体的な範囲などは今後、法定協議会で協議して決める。

 「潟上市・秋田市沖」は昨年7月、国から「一定の準備段階に進んでいる区域」に選ばれていた。国からの状況調査に対し、県側が「男鹿市の漁業者など利害関係者と促進区域を目指す協議を進めることについて調整できた」と回答したため、今回、男鹿市も加わった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 944 文字 / 残り 566 文字)

秋田の最新ニュース