時代を語る・中村和雄(35)1年目から四苦八苦

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試合中にタイムアウト。選手に吠(ほ)える(左)=23年11月、秋田市立体育館
試合中にタイムアウト。選手に吠(ほ)える(左)=23年11月、秋田市立体育館

 ヘッドコーチ(HC)の第一の仕事は、現有勢力の能力や技量を見極めること。次はその分析に従い、選手の育て方を考え、場合によっては補強しなきゃいけない。「秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)」1年目当初は、その時間が十分にあったとはいえないね。

 だって平成23(2011)年5月まで「浜松・東三河フェニックス」で指揮。残務整理もそこそこに、秋田に帰ってきたのが7月中旬。荷を解くか解かないかのうちにNHのHCに就き、練習を始めたんだから。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 764 文字 / 残り 547 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース