高橋智史さんの写真集、仏国際写真賞でゴールドアワード

会員向け記事
お気に入りに登録

パリ写真賞でゴールドアワードを受賞した「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」

 フランス・パリで開かれた欧州最大級の国際写真コンテスト「パリ写真賞(Prix de la Photographie Paris)」の受賞結果が14日発表され、フォトジャーナリスト・高橋智史さん(39)=秋田市出身、神奈川県鎌倉市=の写真集「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」(2018年、秋田魁新報社刊)が、写真集部門でゴールドアワードを受賞した。

 パリ写真賞は07年、新進気鋭の才能発掘や写真鑑賞の促進を目的に創設。プロとアマチュアの部に分け、写真集、広告、自然など8部門で競う。部門ごとに1位、2位、ゴールド、シルバー、ブロンズの各アワードの順で表彰。各部門の1位から全体の最高賞が選出される。

 写真集は、土地強制収用などの人権問題や、フン・セン政権による反政府派弾圧、独裁にあらがう人々の姿などを記録。国内では19年に土門拳賞を受賞した。

RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い | 高橋 智史, 高橋 智史 |本 | 通販 | Amazon

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 634 文字 / 残り 244 文字)

昨年11~12月に秋田魁新報で連載した高橋智史さんの記事です

秋田の最新ニュース