「サイレンうるさい」 救急車の進行妨害容疑、県内初摘発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 車道に入って立ち止まり、救急車などの進行を妨害したとして、秋田中央署は15日、道交法違反(道路における禁止行為)の疑いで、秋田市の20代男性会社員を書類送検した。救急車や救助工作車の進行の妨害による摘発は県内で初めて。

 書類送検容疑は今年5月8日から7月31日までの間、秋田市の病院付近の市道などで計6回にわたって緊急走行中の救急車や救助工作車の進路である車道に入り、立ち止まって走行を妨害した疑い。署によると、男性は「以前からサイレンの音がうるさいと感じており、嫌がらせのつもりでやった」と容疑を認めているという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 523 文字 / 残り 264 文字)

秋田の最新ニュース