明桜・風間がプロ志望届 高校トップ級、上位指名有力

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 日本高野連は15日現在のプロ志望届提出者を公表し、今夏の全国高校野球選手権に出場した明桜の右腕、風間球打(3年)が新たに名を連ねた。高知の森木大智(同)、市和歌山の小園健太(同)両右腕らとともに高校トップ級の評価を得ており、10月11日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が有力視されている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 396 文字 / 残り 251 文字)

秋田の最新ニュース