石破派世話人の冨樫氏、総裁選投票先は「未定」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 自民党の石破茂元幹事長が総裁選への不出馬を表明したのを受け、石破派世話人の一人である冨樫博之衆院議員(秋田1区)は15日、投票先を未定とした。その上で「地元の地方議員や有権者の声を聞き、今後の政策論争をきっちり見て判断する」と述べた。

 石破氏の不出馬について「本人が悩んだ末の重い判断」と語り、尊重する考えを示した。石破派の臨時総会では、派として特定候補を支援せず、個々の判断を縛らないことで落ち着いたという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 358 文字 / 残り 152 文字)

同じジャンルのニュース