クマ肉がほろりと軟らか レトルトカレー発売、大仙市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
協和温泉四季の湯などで販売しているクマの肉のレトルトカレー
協和温泉四季の湯などで販売しているクマの肉のレトルトカレー

 秋田県大仙市協和船岡の協和振興開発公社は、協和ジビエ工房から仕入れたクマ肉を使ったレトルトカレーを発売した。担当者は「独特の肉のうま味と、こくのあるスパイシーなルーがよく合う。お土産にもお薦め。協和発のクマ肉カレーをぜひ味わって」と話す。

 公社が運営する協和温泉四季の湯は昨夏、レストランでクマ肉を使ったカレーの提供を始めた。その後、自宅で食べたり、お土産に贈ったりできるよう、秋田市の食品加工会社とレトルト商品の開発に取り組んできた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 227 文字)

秋田の最新ニュース