おいしい出合い:「白神山地森のえき」ラムクレ丼 地元食材ふんだんに

有料会員向け記事
お気に入りに登録
地元産のラム肉とクレソンを使った「ラムクレ丼」
地元産のラム肉とクレソンを使った「ラムクレ丼」

 藤里町藤琴の観光物産施設「白神山地森のえき」の食堂には、近隣の温泉施設の利用客や観光客などが昼食に訪れる。地元産ラム肉とクレソンをふんだんに使った「ラムクレ丼」(税込み千円)は人気メニューの一つだ。

 ラム肉は町営大野岱放牧場で生産する「白神ラム」のバラ肉を使用。ラム肉独特の臭みが少なく、しょうゆベースの特製だれが食欲をそそる。丼に添えられたレモンを搾ると爽やかさが加わり、味に深みが出る。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 685 文字 / 残り 489 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース