菅首相就任1年 「最後の1日まで全力で働く」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
政権発足から1年を迎え、記者団の取材に応じる菅首相=16日午前、首相官邸
政権発足から1年を迎え、記者団の取材に応じる菅首相=16日午前、首相官邸

 菅義偉首相は16日、就任から1年を迎えた。官邸で記者団の取材に応じ「国民の命と暮らしを守ることを最優先に、コロナ対策に明け暮れた1年だった」と振り返った。17日に告示される自民党総裁選(29日投開票)への不出馬を表明しており、首相を退任する意向。「最後の1日まで『国民のために働く内閣』として全力で働く」と述べた。

 首相は全国的に新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にあると説明。医療体制の確保とワクチン接種の推進に引き続き取り組む考えを強調し、「かつての生活を取り戻すことができるように頑張る」と述べた。

 首相は携帯電話料金の値下げやデジタル庁の創設、不妊治療の保険適用化を看板政策に掲げ、実行に移した。2050年までの脱炭素社会の実現も打ち出した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 655 文字 / 残り 325 文字)

同じジャンルのニュース