青果店3代目の挑戦、SNS発信で売り上げ増 秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3代目の中田裕輔さんが店をもり立てる
3代目の中田裕輔さんが店をもり立てる

 秋田市中通にある中田商店は、この地で3代にわたり親しまれている青果店。3代目の中田裕輔さん(35)は会員制交流サイト(SNS)で商品を発信し、新たな試みで店をもり立てている。

 裕輔さんが家業に加わったのは2019年。以来、力を入れてきたことが二つある。「取引先を増やすこと」と「SNSでの発信」だ。

 食品メーカーの営業職だった経験を生かし、200軒以上の飲食店と交渉。まずは取引先を大幅に増やすことに成功した。

 写真共有アプリ「インスタグラム」やフェイスブックといったSNSでの投稿も地道に続けている。フォロワー数(15日時点)はフェイスブックが214人、インスタグラムは1345人まで増えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1250 文字 / 残り 952 文字)

秋田の最新ニュース