【秋田犬新聞】保護犬と暮らす移住夫婦 山あり谷ありで「家族」に

お気に入りに登録


 今までつらい思いをしてきた分、これからは幸せに過ごさせてあげたい―。そんな思いを胸に、保健所に保護された秋田犬を譲り受け、家族として迎え入れた夫婦がいる。米シアトルから秋田県大仙市に移住してきたジェイソン・ポラードさん(50)と森田良子さん(49)だ。日々、絆を強めながら、仲良く穏やかに暮らす家族を訪ねた。

むぎと暮らすジェイソンさん、良子さん夫婦

 同市大曲の市街地にある夫婦宅の引き戸を開けると、秋田犬「むぎ」(推定4歳)がひょっこり顔を見せた。玄関から続く廊下を先導するように歩き、リビングまで案内してくれた。むぎは初対面の記者にも緊張することなく、おだやかな表情を浮かべる。そんな様子を、ジェイソンさんと良子さんは優しくみつめている。

散歩中のむぎ。どんな瞬間もうれしそうな顔をしていた

 むぎは県北部の保健所に保護され、昨年1月に県動物愛護センター「ワンニャピアあきた」(秋田市)に収容された。センター職員は「ほえるなどの問題行動もない、天真らんまんな子だった」と回想する。

「少しずつ家族になってきたのかな」と話す良子さん(左)とむぎ


記事全文はウェブ版「秋田犬新聞」で読めます!

同じジャンルのニュース