能代、公園立ち木から煙 吸い殻から出火か、禁煙呼び掛け

会員向け記事
お気に入りに登録

 16日午前9時25分ごろ、秋田県能代市上町の中央近隣公園内の立ち木から煙が出ているのを、公園を訪れた80代女性が見つけ、市職員を通じて119番した。消防が約25分後に消し止めた。公園内は禁煙だが、喫煙する人がいるとの情報もあり、能代署は吸い殻から出火した可能性もあるとみている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 231 文字 / 残り 91 文字)

秋田の最新ニュース