時代を語る・中村和雄(38)ブースターと一体感

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ピンクの秋田色に染まった岩手県営体育館
ピンクの秋田色に染まった岩手県営体育館

 前評判はよくなかったよ。秋田が岩手に勝てるわけないだろって言う人もいた。でも内心期するものがあった。会場が敵地・盛岡なのに、うちのチームカラーであるピンクのシャツで半分ぐらい埋まっていた。ブースターが大挙して応援に来てくれたことに意を強くしたね。

 熱狂は5月5日にやってきた。「岩手ビッグブルズ」との2戦目。残り30秒を切ったところで4点差をはね返し逆転勝利。1勝1敗で迎えた準決勝進出決定戦も同じような展開となったんだ。劣勢から追い付いて延長へ。残り2秒でフリースローを3本入れて1点差で逆転勝ち。奇跡って言葉がピッタリの一戦となったんだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 792 文字 / 残り 520 文字)

2013年5月5日の熱狂ぶり伝える当時の記事を掲載中です!

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース