赤いバナナ? にかほの山林にツチアケビ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
赤い実が鮮やかな「ツチアケビ」
赤い実が鮮やかな「ツチアケビ」

 秋田県にかほ市象潟町横岡地区の山林に、赤いバナナのような実をつけた植物が生えている。ラン科の腐生植物「ツチアケビ」だ。県内に広く分布するが、数が少ないため見つけるのは難しいとされる。鳥海山動植物研究グループ・マンサク会の横山正義会長(82)が2年前から観察を続けている。

 ツチアケビが生息するのは湿度の高い森林。葉はなく、根に付いたナラタケなどキノコの菌から栄養を吸収して育つ。県版レッドデータブックで、絶滅の危険性の高い絶滅危惧IB類に分類されている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 491 文字 / 残り 263 文字)

秋田の最新ニュース