散歩がてら通い詰めたら… 伊勢堂岱縄文館、入館5万人目に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
5万人目の記念品が贈られた高橋さん(右)
5万人目の記念品が贈られた高橋さん(右)

 伊勢堂岱遺跡(秋田県北秋田市脇神)のガイダンス施設「伊勢堂岱縄文館」の入館者が17日、5万人を突破した。2016年4月の開館以来、6年目での達成。5万人目となった北秋田市の高橋昭夫さん(70)には、津谷永光市長から記念品が贈られた。

 伊勢堂岱遺跡は今年7月に世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺跡の一つ。

 高橋さんは縄文館から車で15分ほどのところに住んでおり、週に数回来館。この日も大館能代空港に降りたつ飛行機を遺跡から見ようと訪れたという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 403 文字 / 残り 167 文字)

秋田の最新ニュース