県内、18日未明から大荒れか 土砂災害などに警戒を

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 秋田県内は低気圧や前線の影響により大気の状態が不安定となり、18日未明から昼にかけて各地で大荒れとなる見込み。秋田地方気象台は大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、18日朝に前線を伴った低気圧が日本海で発生し夕方にかけて東北北部を通過する見込み。台風14号の直接的な影響を受ける可能性は低くなったが、台風付近の暖かく湿った空気が県内に流れ込んで大気の状態が不安定となり、各地で激しい雨が降るとみられる。

 18日午後6時までに県内で予想される24時間降水量は、多い所で120ミリ。1時間に30ミリの激しい雨が降る可能性もある。雨のピークは18日明け方から昼前の見込み。

同じジャンルのニュース