ワクチンの浮遊物は製品由来 3市から回収、ファイザー製

お気に入りに登録

 国内各地で米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンから浮遊物が見つかった問題で、同社の日本法人は17日、神奈川県鎌倉市と相模原市、堺市から回収した白い浮遊物を調査した結果、いずれも製品由来のもので「安全性に問題がないことを確認した」と発表した。

 ファイザー製ワクチンを巡っては13日以降、3市などで相次いで白い浮遊物が見つかっている。ロット番号はいずれも同じ「FF5357」だった。

 同社によると、希釈する前の液に浮遊物が見つかっても、希釈して溶かせば問題なしとしている。まれに瓶を反転させても溶けずに残ることがあるが、接種しても安全性には問題ないという。

同じジャンルのニュース