バレー、日本が豪下し準決勝へ 男子アジア選手権

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オーストラリアを破って準決勝進出を決め、喜ぶ石川(左端)ら日本の選手たち=千葉ポートアリーナ
オーストラリアを破って準決勝進出を決め、喜ぶ石川(左端)ら日本の選手たち=千葉ポートアリーナ

 バレーボールの男子アジア選手権第5日は17日、千葉ポートアリーナなどで2次リーグが行われ、E組の日本がオーストラリアを3―0で下して2勝1敗とし、E組1位で準決勝に進んだ。18日に台湾と対戦する。

 日本は第1セット、途中出場のセッター大宅(サントリー)が流れを変え、25―23で先取。第2セットは大竹(パナソニック)の強打が有効で25―17。第3セットは石川(ミラノ)が要所で決めて25―23で奪った。