全国39蔵元の販売サイト開設 新政酒造など、限定酒も登場

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
次回9月23日に販売開始される限定酒を紹介するUTAGEのウェブサイト
次回9月23日に販売開始される限定酒を紹介するUTAGEのウェブサイト

 全国39の酒蔵でつくる秋田市の一般社団法人JSP(ジャパン・サケ・ショウチュウ・プラットフォーム、佐藤祐輔代表)が、インターネット上に販売用サイト「UTAGE(うたげ)」を開設し、週替わりで加盟各社の限定酒を販売している。

 JSPは新型コロナウイルスの影響で酒造業界が打撃を受ける中、加盟社間で連携し、技術力や経営力の向上を図ろうと昨年12月に設立された。新政酒造の佐藤社長(46)が代表を務めており、同社を含め県内5社が加盟。蔵元同士で月数回、オンライン勉強会などを行っている。

 サイトはコロナ禍で試飲会などのイベント中止が相次いでいるため、日本酒や焼酎の魅力をネットで発信し、販売につなげようと先月26日に立ち上げた。毎週木曜日に加盟蔵元1社が限定酒を販売。午後8時の販売開始に合わせ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で商品や酒蔵のこだわりなどについて紹介する番組をライブ配信している。

 UTAGE

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 512 文字 / 残り 111 文字)

秋田の最新ニュース