高額当選メールで口座開設? 銀行員が詐欺確信、被害防ぐ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
感謝状を手にする藤田さん
感謝状を手にする藤田さん

 特殊詐欺の被害拡大を防いだとして、秋田県警大仙署は14日、秋田銀行長野支店の藤田奈緒美さん(35)に感謝状を贈った。

 署と同支店によると8日、開店と同時に来店した50代男性が窓口で「通帳とキャッシュカードを紛失したので再発行したい」と相談。窓口担当職員が確認すると男性は口座を持っていなかったため、新規で開設することになった。

 藤田さんが対応を引き継いで理由を尋ねると、男性は「『高額当選しました』という内容のメールが届き、相手から口座番号を教えてほしいと要求された」と話した。

 藤田さんは男性の許可を得た上でスマートフォンでのやりとりを確認し、特殊詐欺だと確信。警察に相談するよう男性を説得し、通報した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 556 文字 / 残り 252 文字)

秋田の最新ニュース