思いつなぎ目指せ栄冠 全県駅伝、19日に2年ぶり号砲

会員向け記事
お気に入りに登録

 2021年全県駅伝競走大会を兼ねた第70回県中学校総合体育大会駅伝競走大会(秋田陸協、秋田魁新報社、県中体連、県教委、秋田市教委主催)が19日、秋田市雄和の県立中央公園スポーツゾーンで開かれる。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止されており、2年ぶりの開催。男子(6区間18.1キロ)に24、女子(5区間12.4キロ)に23校がエントリーし、それぞれ午後0時20分、午前11時にスタートする。男女の優勝校は全国大会(12月19日・滋賀)、上位3校は東北大会(10月29、30日・山形)の出場権を得る。例年、同時開催される県小学生大会は、新型コロナの影響を考慮し中止が決まっている。

2019年大会のスタート直後、勢いよくコースに出る中学女子の選手

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 835 文字 / 残り 544 文字)

秋田の最新ニュース