米男子ゴルフ、松山17位に浮上 今季開幕戦の第2日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第2ラウンド、通算6アンダーでホールアウトした松山英樹(中央)=シルベラードリゾート(共同)
第2ラウンド、通算6アンダーでホールアウトした松山英樹(中央)=シルベラードリゾート(共同)

 【ナパ(米カリフォルニア州)共同】米男子ゴルフの今季開幕戦、フォーティネット選手権は17日、カリフォルニア州ナパのシルベラードリゾート(パー72)で第2ラウンドが行われ、24位で出た松山英樹は4バーディー、1ボギーで2日連続の69で回り通算6アンダー、138で17位に浮上した。首位とは6打差。

 64と伸ばしたマーベリック・マクニーリー(米国)が通算12アンダーの132でトップ。2打差の2位にボー・ホスラー(米国)とミト・ペレイラ(チリ)がつけた。

 世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)は通算1アンダーで2打及ばず、予選落ちした。

同じジャンルのニュース