この石なんだ?「ワロック」 秋田市旭北に「交換所」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
個性的な石が並ぶワロックの交換所
個性的な石が並ぶワロックの交換所

 絵を描いた石を街中に隠したり、探したりする遊び「ワロック」。その石の交換所が今月初め、秋田市旭北の秋田県味噌(みそ)醤油(しょうゆ)工業協同組合前の木陰にひっそりと誕生した。石の「顔触れ」は日々変わっており、活発に交換が行われているようだ。

 今月7日、交換所にはカラフルで個性的な絵柄の石が並んでいた。動物やアニメのキャラクターを描いたもの、石の形を生かして包丁やおにぎりを表現したもの―。

 交換所は、組合青年部事務局長の柴田和孝さん(41)が管理。柴田さん自身も家族でワロックを楽しんでいる。「個性的な絵や手の込んだ絵の石が置かれていることがあって面白い。誰でも楽しめるところが魅力」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 740 文字 / 残り 442 文字)

秋田の最新ニュース