湯沢の食と酒、オンラインで一緒に 全国から40人が楽しむ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
湯沢市産の食材で調理する高橋さん
湯沢市産の食材で調理する高橋さん

 秋田県湯沢市産の食材で作ったつまみと日本酒をオンラインで楽しむイベントが18日、同市前森の両関酒造などと結んで開かれた。全国各地の計40人が調理と食事、会話を楽しみながら湯沢の魅力に触れた。

 市の主催。食文化を通して関係人口の増加を図ろうと企画した。

 昼と夜の2部制で、昼の部は両関酒造、夜の部は同市桑崎の「地酒屋&カフェTAKAIWA」と参加者をつないだ。昼の部では両関酒造の伊藤康朗社長(54)と、同カフェオーナーの高橋まゆみさん(62)が進行役を務めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 603 文字 / 残り 372 文字)

秋田の最新ニュース