教育2021:PTAの在り方(中) 活用すべき「交渉組織」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 県央部の小学校に通う子どもを持つ30代男性は、PTA役員を務めて今年で4年目になる。この間、異動直後の教員に大きな負担がかかる教員歓送迎会の廃止など、活動のスリム化に取り組んできた。

 何に使ったかの記載がない領収書を基にした会計監査に、異を唱えたこともある。

 「よく分からないままやっている人もいるので、いろいろ曖昧なところがある。でも、なれ合いでできるところとできないところがありますよね」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1440 文字 / 残り 1243 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース