ハイブリッドロケット、神奈川大が日本記録更新 能代で実験

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
神奈川大の学生らによって打ち上げられたハイブリッドロケット=19日午前6時9分、能代市
神奈川大の学生らによって打ち上げられたハイブリッドロケット=19日午前6時9分、能代市

 神奈川大学(横浜市)の学生らが19日、固体燃料を液体の酸化剤で燃やす「ハイブリッドロケット」の発射実験を秋田県能代市の落合浜で行った。ハイブリッドロケットとしては、これまで大学などの研究グループが記録した国内最高の高度とされる8.3キロを超え、速報値で約10.7キロを記録。国内最高を更新した。

 ロケットは全長約4メートル、直径約15センチ、重さ約32キロの小型。午前6時すぎに打ち上げられ、白い煙とともに瞬く間に上昇した。学生らはモニターで高度の情報を確認しながら軌跡を見守った。

 同大によると、ハイブリッドロケットは可燃性の低い燃料を動力源とするため爆発の危険が少なく、安全に打ち上げられるのが特徴。比較的安価な材料を用いるためコストも抑えられ、超小型衛星の打ち上げなど実用化が期待されている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 855 文字 / 残り 505 文字)

秋田の最新ニュース