クマの仕業か? クリ20個食い荒らされる、鹿角の民家敷地

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 19日午後6時50分ごろ、秋田県鹿角市八幡平字大畑の民家敷地でクリ約20個が食い荒らされているのを住人の40代男性が見つけ、鹿角署に通報した。クマによる食害とみられる。

 署によると、男性が在宅中に木の枝が折れる音を聞いたため、外に出て確認したところ、自宅から約20メートル離れた場所にあるクリの木の枝が折れクリの殻が落ちていた。

 現場は国道341号の近くで、住宅が点在する。署はパトカーで周辺を警戒した。

秋田の最新ニュース