同点弾のブラウ吉田 「決めていれば…」前半の逸機悔やむ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―北九州】後半17分、ゴール前でこぼれたボールを狙う秋田の吉田(右)。直後にシュートを決め同点とする=ソユースタジアム
【秋田―北九州】後半17分、ゴール前でこぼれたボールを狙う秋田の吉田(右)。直後にシュートを決め同点とする=ソユースタジアム

 最近存在感があるのがブラウブリッツ秋田の若きストライカー・FW吉田伊吹だ。1点を追う後半17分、2試合連続となるゴールを泥くさく決めてチームを救った。だが前半にあった決定機を「自分が決めていれば勝てた」と責任を背負った。

ブラウブリッツ、ホームで北九州と引き分け

 吉田が最も悔やんだのが前半20分すぎの決定機でシュートを外したシーンだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 553 文字 / 残り 385 文字)

秋田の最新ニュース