早大・関本(鳳鳴高出)、400障害2位 日本学生対校陸上

会員向け記事
お気に入りに登録

 陸上の日本学生対校選手権最終日は19日、埼玉県熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害は東京五輪代表の三浦龍司(順大)が8分32秒47で2連覇した。女子は吉村玲美(大東大)が日本歴代2位の9分41秒43で3連覇。

 秋田県勢は女子400メートル障害で関本萌香(早大4年、大館鳳鳴高出)が2位、女子ハンマー投げで高橋沙湖(大阪体育大院2年、大曲高出)が4位だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 383 文字 / 残り 189 文字)

同じジャンルのニュース