初優勝の比内、1年生の力走で波に乗る 全県駅伝中学女子

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中学女子で初優勝を飾った比内
中学女子で初優勝を飾った比内

 19日に開かれた全県駅伝中学女子で初優勝した比内は、1、2年生が序盤で躍動した。「1、2区でペースをつくって、逃げ切る展開を考えていた」と寺山啓太監督。理想的なレース運びで、トップを一度も譲ることなく他チームを圧倒した。

男子・大曲、女子・比内が優勝 全県中学駅伝、2年ぶり開催

 1区吉田瑠衣は、美郷の熊谷結翔との1年生対決を制した。途中ペースを上げても離せず心が折れかけたが、「先輩のためにもリードしてつなぎたい」と奮い立った。最後の直線で渾身(こんしん)の力を振り絞り、2位と5秒差の1位でたすきをつないだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 579 文字 / 残り 323 文字)

同じジャンルのニュース