秋田ゆかりの作家、コロナとどう向き合う ココラボで作品展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
コロナ禍に制作された作品を集めた展覧会
コロナ禍に制作された作品を集めた展覧会

 秋田県ゆかりの作家20人による絵画や立体作品が並ぶ展覧会「20―21(ニイマルニイイチ)」が、秋田市大町のギャラリー・ココラボラトリーで開かれている。開設16周年企画として、過去に出展したことのある作家たちが、新型コロナウイルス禍にある去年から今年にかけて制作した計37点を集めた。入場無料。26日まで。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 529 文字 / 残り 376 文字)

同じジャンルのニュース