明桜、秋田はコールド勝ち 高校野球県大会2回戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大曲工―金足農】被安打3、11奪三振で完封した大曲工の長淵星=さきがけ八橋球場
【大曲工―金足農】被安打3、11奪三振で完封した大曲工の長淵星=さきがけ八橋球場

 第73回秋季東北高校野球県大会第2日は20日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦4試合を行った。夏の全国選手権大会に出場した明桜は大曲、秋田は大館国際をそれぞれコールドゲームで下した。能代松陽は秋田修英を退け、大曲工は金足農との投手戦を制した。21日は両球場で2回戦残り4試合を行い、8強が出そろう。

▽2回戦
秋田   9―1 大館国際
(八回コールドゲーム)
能代松陽 4―1 秋田修英
明桜  12―2 大曲
(六回コールドゲーム)
大曲工  2―0 金足農

秋季高校野球2021

同じジャンルのニュース