ドローンで空から見下ろすと…白と黄金のパッチワーク

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ソバの白い花の周囲を黄金色に実った稲穂などが彩っている(小型無人機で撮影)
ソバの白い花の周囲を黄金色に実った稲穂などが彩っている(小型無人機で撮影)

 秋田県八峰町峰浜石川で、農家が栽培するソバの花が満開となっている。小型無人機ドローンで上空から撮影すると、白いソバの花が畑を染め、黄金色に実った稲穂の田んぼやネギ畑などがパッチワークのような模様を成していた。

 峰浜地区の農家3戸でつくる農事組合法人「はっぽう農園」(八峰町峰浜塙)では8月上旬、転作田計約45ヘクタールに種をまき、花は9月上旬から咲き始めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 292 文字 / 残り 112 文字)

秋田の最新ニュース