衆院選秋田3小選挙区、6人出馬へ 任期満了まであと1カ月

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 衆院議員の任期満了(10月21日)まで、あと1カ月となった。次期衆院選の秋田県内3小選挙区には計6人が立候補を予定している。秋田1区と2区は自民党と立憲民主党の現職が激突、秋田3区は自民現職に共産党の新人が挑む構図。任期満了後の衆院選となることが確実視される中、各立候補予定者は動きを活発化させている。

 1区は自民現職の冨樫博之氏(66)、立民現職の寺田学氏(45)=比例東北=が立候補を予定。4選を狙う冨樫氏に対し、前回は比例単独での立候補だった寺田氏が小選挙区での勝利を目指す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1022 文字 / 残り 780 文字)

秋田の最新ニュース