ハピ、守備の強さ見せつけ圧勝 保岡の積極性、攻守で光る

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【決勝・秋田―北海道】相手のマークを振り切ってシュートを放つ保岡
【決勝・秋田―北海道】相手のマークを振り切ってシュートを放つ保岡

 激しく圧力をかける守備で北海道を翻弄(ほんろう)した。主役は中山拓哉主将、保岡龍斗、長谷川暢の3ガード。同時に起用されたことで、それぞれの持ち味が一層引き立った。シーズン本番でも、有力なオプションになりそうだ。

 守備の要の中山は当たりに強弱をつけて守り、相手に隙ができたところでスチールを狙った。しぶとく食らい付いて反則を誘った長谷川。東京五輪3人制で活躍して自信をつけた保岡は攻守で積極性が光った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 517 文字 / 残り 316 文字)

同じジャンルのニュース