アベノミクスで「格差改善せず」 立民が報告書、政策転換を提唱へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
江田憲司代表代行(右)から「アベノミクス」の検証報告を受け取る立憲民主党の枝野代表=21日午前、国会
江田憲司代表代行(右)から「アベノミクス」の検証報告を受け取る立憲民主党の枝野代表=21日午前、国会

 立憲民主党の枝野幸男代表は21日、安倍晋三前首相の経済政策「アベノミクス」の功罪を検証する党委員会から報告書を受け取った。報告書はアベノミクスを批判。「お金持ちをさらに大金持ちに、強い者をさらに強くしただけに終わった。格差や貧困の問題の改善にはつながらなかった」と総括した。迫る衆院選で、菅政権も継承したアベノミクスからの政策転換を提唱する方針だ。

 枝野氏は「アベノミクスを抜本的に変えない限り、日本経済は低迷から抜け出せないと改めて確信した」と国会内で記者団に強調した。

 富裕層が潤えば、富が低所得者にも行き渡るという「トリクルダウン」は起きなかったとした。