陸上、三浦は海外転戦へ意欲 順大の練習拠点で表彰

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
千葉県印西市のマスコットキャラクター「いんザイ君」とポーズをとる陸上男子の三浦龍司(左)と泉谷駿介=21日、印西市役所
千葉県印西市のマスコットキャラクター「いんザイ君」とポーズをとる陸上男子の三浦龍司(左)と泉谷駿介=21日、印西市役所

 東京五輪の陸上男子3000m障害で日本史上最高の7位に入った三浦龍司(順大)が21日、練習拠点のある千葉県印西市で市長特別賞の表彰を受けた。パリ五輪を見据え「海外のレースもどんどん体験したい」と展望を語った。

 大舞台でアフリカ勢と戦い「今のままでは限界がある」と実感したという19歳の日本記録保持者。国内では敵なしで、展開も単調になりがち。「いろいろな選手のレースプランを肌で感じることで、国内で工夫できる幅も増える」と、世界最高峰のダイヤモンドリーグ参戦にも意欲を示した。

 男子110m障害で五輪準決勝に進出した泉谷駿介(順大)は同市から感謝状を受け取った。