スノボ、戸塚「自信はある」 北京五輪で金メダル期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
練習するスノーボード男子ハーフパイプの戸塚優斗=21日、埼玉県嵐山町(代表撮影)
練習するスノーボード男子ハーフパイプの戸塚優斗=21日、埼玉県嵐山町(代表撮影)

 スノーボードの男子ハーフパイプで、ことし3月の世界選手権を初制覇した戸塚優斗(ヨネックス)が21日、埼玉県内で代表取材に応じ、北京冬季五輪での金メダル獲得が期待される2021~22年シーズンに向け「勝てなくなったら何か言われるかもという不安もあるが、その分自信はある」と気概を示した。

 昨季は世界最高峰のプロ大会の冬季Xゲームで初優勝し、ワールドカップ(W杯)も2戦2勝。世界選手権も含めて負けなしで、頭一つ抜けた存在に成長し「プレッシャーになっているところもあるが、いい自信にはつながっている」と手応えをにじませた。