三種、小坂で特殊詐欺被害 電子マネー計3万4千円

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警は21日、三種町の50代女性と、小坂町の50代男性が特殊詐欺に遭い、電子マネー利用権計3万4100円分をだまし取られたと発表した。

 能代署によると、女性のスマートフォンに14日、「ご利用状況におきまして確認事項がございます」などと記載されたメールが届いた。表示された番号に電話すると、男から「月々5千円のサイトの利用料金が未納になっている。3万円を支払ってもらう必要があるが、料金は後日返還される」などと言われ、支払いを求められた。

 鹿角署によると、18日午前8時ごろ、男性のスマートフォンに「連帯債務者になり、処罰猶予が延びた」とメールが届いた。記載のURLにアクセスしたところ「手続き費用を払えば、損害賠償金1億5千万円の支払いはなくなる」と表示された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 596 文字 / 残り 262 文字)

秋田の最新ニュース