強打者不在、小技と機動力で補う 大館鳳鳴

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【本荘―大館鳳鳴】8回裏2死二塁、大館鳳鳴の能登谷が勝ち越しの右中間二塁打を放つ=こまちスタジアム
【本荘―大館鳳鳴】8回裏2死二塁、大館鳳鳴の能登谷が勝ち越しの右中間二塁打を放つ=こまちスタジアム

 大館鳳鳴は打線が少ない好機をものにして、エース左腕木村拳士(2年)の力投に応えた。

高校野球県大会8強出そろう

 一回は無死一塁から能登谷俊(同)が捕手の前にバントを転がしチャンスをつくると、失策を挟んで中軸の連続適時打で逆転した。同点の八回は無死一塁で送りバントを決め、能登谷が勝ち越しの二塁打。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 348 文字 / 残り 200 文字)

同じジャンルのニュース